保険営業は実戦で

保険営業は実戦で身につける

保険営業の勉強は実践で

保険の営業とは人と出会う事です。様々な年代や、様々な職業の方々から話を聞くのが仕事です。商品の提案はその後に付いてきます。 生保も損保も基本は同じです。その人の悩み、不安、心配事を丁寧に聞き出し、保険を使えば解決できる事があれば、それを提案するのが仕事です。どんな商品を、どんな切り口で、どのように提案すれば、その人の心配事に一番最適なのかを、ひとつひとつ考えていく事が何よりの勉強です。パンフレットや約款を読み込む事も、セールストークを暗記するのも大切ですが、一番身に付く勉強方法は、お客様の事を真剣に考え、どうすればよいかを考える事です。

証券会社で保険の勉強

保険(Insurance)について勉強をしたいと思っている方は、どこに行けばよいのでしょうか。もし、Insuranceの中で貯蓄型の商品について学習したいのであれば、証券会社のセミナーに参加するという方法があります。というのは、証券会社のなかには毎日のようにセミナーを開催しているところもあって、その中にはこのような金融商品に関するセミナーも行われているからです。このようなセミナーにおいては、保険会社の担当者がスピーカーとなって貯蓄型Insurance商品の説明を行ってくれますし、記念品をくれることなどもあります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 保険の勉強の仕方とは All rights reserved